トップ 学習塾口コミナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

学習塾口コミナビ学習塾とは > 学習塾の定義
スポンサードリンク

学習塾の定義

学習塾の定義の画像

学習塾にお子さんを通わせたい、という人も多いのではありませんか。

または、すでに通っている、という方も多いのではないかと思います。改めて考えてみると、学習塾とはどのようなものでしょうか。

一言で言えば、勉強を教えてくれる学校以外の場所、ということができるでしょう。

目的は様々で、補習用として学校の勉強を補う、というものもあれば、受験で合格することを目的として、試験用の勉強をする、というものもあるでしょう。

1対1で学ぶものから、多くの人に対して一方通行の授業を行う形態まで様々なものがあります。

また、授業の形で行うのではなく、テストを行って毎回成績を出し、それを補足する、という形の学習塾もあります。

成績ごとにクラスを分ける、というタイプの塾もあります。こうして見てくると、こうでなくては学習塾ではない、という限定された形はなく、様々な形態で、様々な目的で、勉強を学ぶところ、というのが学習塾の定義と言えるのではないでしょうか。

学習塾は、小学生では約4割、中学生になると約7割が利用しているといわれています。

勉強をするというくせをつけてもらいたいから、という場合や、ちょっと学校の内容を先取りして学校の勉強に落ち着いて向かい合うことができる、という場合。

また、学校での勉強で不足している部分を補ってもらう場合、入試のための練習、情報収集などで通う場合などが考えられますが、最近の傾向としては、より細かく子供のニーズに合った相互通行のタイプの学習塾が増えてきています。

学習塾と子供との間でしっかりとコミュニケーションをとり、どんな目的で学習塾を利用し、成果を上げるためにどうしたらいいのか、ということをしっかりと測定しているケースが増えてきています。

ですから、学習塾に子供を通わせる場合には、まずはどんな目的で学習塾を必要としているのか、という目的をはっきりさせて臨むべきなのではないでしょうか。

また、学習塾に入ってからも、定期的に目的が達成されているか、という効果を測定するべきでしょう。

スポンサードリンク
学習塾口コミナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。